summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/debian/po/ja.po
blob: 5eda0beccab002f2119d4191d31b9ce206f23279 (plain)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
# 
#    Translators, if you are not familiar with the PO format, gettext
#    documentation is worth reading, especially sections dedicated to
#    this format, e.g. by running:
#         info -n '(gettext)PO Files'
#         info -n '(gettext)Header Entry'
# 
#    Some information specific to po-debconf are available at
#            /usr/share/doc/po-debconf/README-trans
#         or http://www.debian.org/intl/l10n/po-debconf/README-trans
# 
#    Developers do not need to manually edit POT or PO files.
# 
# 
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: mdadm 2.6.3+200709292116+4450e59-4\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: mdadm@packages.debian.org\n"
"POT-Creation-Date: 2012-06-22 12:10+0400\n"
"PO-Revision-Date: 2008-02-07 05:52+0900\n"
"Last-Translator: Hideki Yamane (Debian-JP) <henrich@debian.or.jp>\n"
"Language-Team: Japanese <debian-japanese@lists.debian.org>\n"
"Language: ja\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"

#. Type: string
#. Description
#: ../mdadm.templates:2001
msgid "MD arrays needed for the root file system:"
msgstr "ルートファイルシステムに必要な MD アレイ:"

#. Type: string
#. Description
#: ../mdadm.templates:2001
msgid ""
"Please enter 'all', 'none', or a space-separated list of devices such as "
"'md0 md1' or 'md/1 md/d0' (the leading '/dev/' can be omitted)."
msgstr ""
"'all' または 'none'、あるいはデバイスのリストを 'md0 md1' や 'md/1 md/d0' の"
"ようにスペースで区切って入力してください (前に付く '/dev/' は省略可能です)。"

#. Type: boolean
#. Description
#: ../mdadm.templates:3001
msgid "Start arrays not listed in mdadm.conf?"
msgstr "mdadm.conf に記述されていないアレイを起動しますか?"

#. Type: boolean
#. Description
#: ../mdadm.templates:3001
msgid ""
"The specified array (${array}) is not listed in the configuration file "
"(${config}). Therefore, it cannot be started during boot, unless you correct "
"the configuration file and recreate the initial ramdisk."
msgstr ""
"指定したアレイ (${array}) は設定ファイル (${config}) に記述されていません。そ"
"のため、設定ファイルを修正して initrd を再生成しなければブート時に起動できま"
"せん。"

#. Type: boolean
#. Description
#: ../mdadm.templates:3001
msgid ""
"This warning is only relevant if you need arrays to be started from the "
"initial ramdisk to be able to boot. If you use kernel autostarting, or do "
"not need any arrays to be started as early as the initial ramdisk is loaded, "
"you can simply continue. Alternatively, choose not to continue and enter "
"'none' when prompted which arrays to start from the initial ramdisk."
msgstr ""
"この警告は、ブートできるようにアレイを initrd から起動する必要がある場合だけ"
"関係します。カーネルで自動的にアレイを起動するようにしている場合、あるいは "
"initrd がロードされる程早い段階でどのアレイも起動したくはない場合はそのまま続"
"行できます。他の選択肢としては、起動の続行を中止し、どのアレイを initrd から"
"起動するかを尋ねられた際に 'none' と入力します。"

#. Type: boolean
#. Description
#: ../mdadm.templates:4001
msgid "Do you want to start MD arrays automatically?"
msgstr "MD アレイを自動的に起動しますか?"

#. Type: boolean
#. Description
#: ../mdadm.templates:4001
msgid ""
"Once the base system has booted, mdadm can start all MD arrays (RAIDs) "
"specified in /etc/mdadm/mdadm.conf which have not yet been started. This is "
"recommended unless multiple device (MD) support is compiled into the kernel "
"and all partitions are marked as belonging to MD arrays, with type 0xfd (as "
"those and only those will be started automatically by the kernel)."
msgstr ""
"一旦ベースシステムが起動すると、mdadm は /etc/mdadm/mdadm.conf で指定されたま"
"だ起動していない全ての MD アレイ (RAID) を起動できます。複数のデバイス (MD) "
"をサポートするようにカーネルをコンパイルしており、MD アレイのすべてのパーティ"
"ションをパーティションタイプ 0xfd と設定しない限り、これを推奨します (このよ"
"うな設定にした場合のみ、アレイは自動的にカーネルから起動されます) 。"

#. Type: boolean
#. Description
#: ../mdadm.templates:5001
msgid "Should mdadm run monthly redundancy checks of the MD arrays?"
msgstr "mdadm は、毎月 MD アレイの冗長性チェックを行いますか?"

#. Type: boolean
#. Description
#: ../mdadm.templates:5001
msgid ""
"If the kernel supports it (versions greater than 2.6.14), mdadm can "
"periodically check the redundancy of MD arrays (RAIDs). This may be a "
"resource-intensive process, depending on the local setup, but it could help "
"prevent rare cases of data loss. Note that this is a read-only check unless "
"errors are found; if errors are found, mdadm will try to correct them, which "
"may result in write access to the media."
msgstr ""
"カーネルがサポートしている場合 (バージョン 2.6.14 以降)、mdadm は定期的に MD "
"アレイ (RAID) の冗長性チェックをすることが可能です。これは、設定に依存します"
"がリソースを集中的に使用する動作です。しかし、稀なデータ消失をあらかじめ避け"
"るのに役立つでしょう。これは、エラーが見つからない限りは読み込みチェックのみ"
"であるのに注意してください。エラーが発見された場合、mdadm は修正しようとし"
"て、結果的にメディアへ書き込みを行います。"

#. Type: boolean
#. Description
#: ../mdadm.templates:5001
msgid ""
"The default, if turned on, is to check on the first Sunday of every month at "
"01:06."
msgstr ""
"有効にした場合、デフォルトでは毎月第一日曜 01:06 にチェックが実行されます。"

#. Type: boolean
#. Description
#: ../mdadm.templates:6001
msgid "Do you want to start the MD monitoring daemon?"
msgstr "MD 監視デーモンを起動しますか?"

#. Type: boolean
#. Description
#: ../mdadm.templates:6001
msgid ""
"The MD (RAID) monitor daemon sends email notifications in response to "
"important MD events (such as a disk failure)."
msgstr ""
"MD (RAID) 監視デーモンは、重大な MD 関連のイベント (ディスク障害など) に対し"
"てメールで通知を送ります。"

#. Type: boolean
#. Description
#: ../mdadm.templates:6001
msgid "Enabling this option is recommended."
msgstr "この機能を有効にするのをお勧めします。"

#. Type: string
#. Description
#: ../mdadm.templates:7001
msgid "Recipient for email notifications:"
msgstr "メール通知の宛先:"

#. Type: string
#. Description
#: ../mdadm.templates:7001
msgid ""
"Please enter the email address of the user who should get the email "
"notifications for important MD events."
msgstr ""
"MD 関連の重大なイベントが発生した際、メールでの通知を受け取る必要があるユーザ"
"のメールアドレスを入力してください。"

#~ msgid "for internal use - only the long description is needed."
#~ msgstr "内部での利用について - でも、長い説明が必要です。"

#~ msgid ""
#~ "If the system's root file system is located on an MD array (RAID), it "
#~ "needs to be started early during the boot sequence. If it is located on a "
#~ "logical volume (LVM), which is on MD, all constituent arrays need to be "
#~ "started."
#~ msgstr ""
#~ "あなたのシステムのルートファイルシステムが MD アレイ (RAID) 上に配置されて"
#~ "いるならば、ブートシーケンスの初期段階で MD アレイを開始する必要がありま"
#~ "す。ルートファイルシステムが MD のような論理ボリューム (LVM) 上にある場合"
#~ "は、構成しているアレイ全ての開始が必要です。"

#~ msgid ""
#~ "If you know exactly which arrays are needed to bring up the root file "
#~ "system, and you want to postpone starting all other arrays to a later "
#~ "point in the boot sequence, enter the arrays to start here. "
#~ "Alternatively, enter 'all' to simply start all available arrays."
#~ msgstr ""
#~ "どのアレイがルートファイルシステムの立ち上げに必要かを正確に知っており、"
#~ "ブートシーケンスの後の時点まで意図しているもの以外全てのアレイ起動を遅らせ"
#~ "たい場合、ここで最初に起動するアレイを入力してください。そうでない場"
#~ "合、'all' と入力して単に全ての利用可能なアレイを最初に立ち上げてください。"

#~ msgid ""
#~ "If you do not need or want to start any arrays for the root file system, "
#~ "leave the answer blank (or enter 'none'). This may be the case if you are "
#~ "using kernel autostart or do not need any arrays to boot."
#~ msgstr ""
#~ "ルートファイルシステムのために、どのアレイも必要ない、あるいはどのアレイも"
#~ "起動したくは無いという場合は、空白のままに (あるいは 'none' と入力) してく"
#~ "ださい。これは、カーネルで自動的に起動される場合や起動時にはアレイは不要で"
#~ "あるという場合です。"

#~ msgid "An error occurred: device node does not exist"
#~ msgstr "エラーが発生しました: デバイスノードが存在しません"

#~ msgid "An error occurred: not a block device"
#~ msgstr "エラーが発生しました: ブロックデバイスではありません"

#~ msgid "An error occurred: not an MD array"
#~ msgstr "エラーが発生しました: MD アレイではありません"

#~ msgid "An error occurred: array not listed in mdadm.conf file"
#~ msgstr ""
#~ "エラーが発生しました: mdadm.conf ファイルに記述されていないアレイです"

#~ msgid ""
#~ "Please refer to /usr/share/doc/mdadm/README.upgrading-2.5.3.gz if you "
#~ "intend to continue."
#~ msgstr ""
#~ "続行したい場合は、/usr/share/doc/mdadm/README.upgrading-2.5.3.gz を参照し"
#~ "てください。"

#~ msgid ""
#~ "WARNING! If you are using hard disks which have RAID superblocks from "
#~ "earlier installations in different RAID arrays, you MUST zero each "
#~ "superblock *before* activating the autostart feature."
#~ msgstr ""
#~ "警告! 以前のインストールによって他の RAID アレイに対する RAID superblock "
#~ "を保持しているハードディスクを使っている場合、自動起動機能を有効にする"
#~ "「前」に、その superblock をゼロで上書きすることが「必要」です。"

#~ msgid ""
#~ "To do this, do not start the RAID devices automatically. First, zero the "
#~ "superblock (mdadm --zero-superblock /dev/mdX). Next, use `dpkg-"
#~ "reconfigure mdadm` to reactivate the autostart feature."
#~ msgstr ""
#~ "これを行うには、RAID デバイスを自動的に起動してはいけません。まず、 "
#~ "superblock をゼロで上書きします (mdadm --zero-superblock /dev/xxx)。 そし"
#~ "て、自動起動機能を有効にするため、'dpkg-reconfigure mdadm' コマンドを実行"
#~ "します。"

#~ msgid ""
#~ "You have the option to start all other arrays (those not needed for the "
#~ "root filesystem) later in the boot sequence. Doing so will give you "
#~ "greater control over the arrays with the mdadm configuration file. "
#~ "Starting all arrays at boot-time may be safer though."
#~ msgstr ""
#~ "ブートシーケンスの後ろの方で (root ファイルシステムには必要ない) 他のアレ"
#~ "イ全てを起動するという選択肢もあります。これを選べば、mdadm の設定ファイル"
#~ "を使って、アレイについて様々な設定が出来るようになるでしょう。もっとも、起"
#~ "動時に全てのアレイを起動するほうが安全ではあります。"

#~ msgid ""
#~ "If RAID devices are started automatically, all RAID devices are "
#~ "discovered and assembled automatically at system startup. This option "
#~ "should only be used if the md driver is compiled as a module. If it is "
#~ "compiled into your kernel, the automatic startup will be performed at "
#~ "boot time by the kernel and therefore you should not choose this option."
#~ msgstr ""
#~ "RAID デバイスが自動的に起動するようにすると、システム起動時に全ての RAID "
#~ "デバイスが検出され、自動的に構成されます。このオプションは md ドライバがモ"
#~ "ジュールとしてコンパイルされている場合のみに利用します。カーネルに組み込ん"
#~ "でコンパイルしていた場合、システム起動時にカーネルによって自動起動が実行さ"
#~ "れるので、このオプションでの選択はできません。"

#~ msgid ""
#~ "When the RAID monitor daemon runs, email notifications are sent when a "
#~ "disk belonging to a RAID array fails or changes its status for some "
#~ "reason."
#~ msgstr ""
#~ "RAID 監視デーモンが動作している場合、RAID アレイに属しているディスクが故障"
#~ "するか何らかの理由で変化した際にメールで通知が送られます。"